第2回学術奨励賞 公募開始について

あにまるすまいる学術奨励賞募集案内

「一般社団法人あにまるすまいる」では、ものいわぬ動物たちのQOL向上に関する若手研究者の育成を目的として「第2回学術奨励賞」の公募をいたします。

たくさんのご応募をお待ちしております。

第2回あにまるすまいる学術奨励賞募集要項.pdf

第2回あにまるすまいる学術奨励賞応募申込書.pdf

第2回あにまるすまいる学術奨励賞応募申込書.word

第2回あにまるすまいる学術奨励賞_ポスター

伊藤代表理事インタビュー

 まずは一般財団法人を立ち上げるきっかけについて教えてください

産業界と学問界を経て、生来の業である獣医師として鳥取大学に赴任しました。この間、「ものいわぬ動物たち」のために自分にしかできないことがあるのではないかと考え続けていました。そして今、各界からの後押しをいただき、皆の力を結集することで、「ものいわぬ動物たち」のためにできることがみえてきました。

― ご自身で今も心に残っている職務経験は。

横浜市立大学医学部時代に眼科臨床研究として、新しい手術の術式や原因不明であった疾患の病原体を明らかにできたことです。網膜硝子体手術の中で、困難とされていた黄斑前膜の新しい術式を開発し全世界に普及できたことです。

― 「あにまるすまいる」だからこそできる社会貢献についてお聞かせください。

「ものいわぬ動物たち」の声を各界の研究者・技術者が思い図り、彼らが本当に求めていることに答えることができます。疑うことなき「信頼」に対し「安心」を返したい。

― 多彩な人材・企業で構成されている「あにまるすまいる」ですが、最大の強みは何だと思われますか?

情熱に満ち溢れた各界の第一線メンバーが集まっていることです。

― 今「あにまるすまいる」が取り組んでいることは何ですか?

3大テーマである「見える」「アタックねこ腎臓病」「やさしいガンの治療」に取り組んでいます。

「見える」では、わんちゃん・ねこちゃんのコンタクトレンズの開発・発売に成功し、角膜の病気を治しています。

「アタックねこ腎臓病」では、今はまだ判っていない血液や尿中のマーカーを探し出して、早期診断法・予防法・治療法を開発します。

「やさしいガンの治療」では、正常部とガン部の境界を明らかにします。そして、ガンだけを光で攻撃します。

― ここからは個人的なお話しを少し。 座右の銘は何ですか?

「流汗悟道」です。汗を流して道を悟る。動物臨床医学研究所の山根理事長からいただいた言葉です。

― いちばん好きな食べ物は?

お米おいしいですよね。あとはフルーツ、みんな好きだけど1つだけあげるとしたら・・・リンゴかな。

― これまでの人生で影響を受けた方は?

山根先生と小谷先生です。

山根先生は動物臨床医学研究所の理事長です。小谷先生は医学部眼科学時代に、獣医の眼科学へ導いてくれた方です。

― 好きな本はありますか?

宮本武蔵です。最近読んでいるのは永井荷風の小説です。

― 1年間海外で過ごすとしたら、どの国に行きたいですか?

南の島、西サモア島。大学の卒業旅行で行ってとてもよかったから。

― 最後に今後目指す姿をお聞かせください

あまり先は考えていません。今はこの立ち上げた財団に全力を注ぐだけです。

そして次の世代へ志をつなげてゆきたい。

1に人格、2に情熱、

        グルーブ感をもった仲間たちと走りはじめた。

  

 

 

                                                                                  

第40回動物臨床医学会記念年次大会参加報告

2019年11月15日(金)、16日(土)、17日(日)に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催され、参加数約4,549名(獣医師1,474名、動物看護師380名、学生245名、一般市民950名、出展企業関係者1500名)、展示協賛企業数185社、展示268ブースと記念大会にふさわしく、盛大なものでした。

当法人も昨年に続いて参加し、会員である「PEPPY・新日本カレンダー株式会社」「株式会社シード」「株式会社タウンズ」「株式会社秋山製作所」の4社と共同ブースを出展しました。ブースには獣医師の先生方をはじめ看護師や学生の方々の姿も多く見受けられ、各企業が持つ動物たちのQOL向上のための商品 を展開し賑わいを見せていました。

<動物関連出展商品>

株式会社秋山製作所: 動物用マイボーム腺圧迫セッシ 他

株式会社シード:動物用治療用コンタクトレンズ「わんタクト」「にゃんタクト」他

PEPPY:ビー・ブラウン・エースクラップ社 小動物用クリッパー「Isis」 他1221

12212

11月22日はあにまるすまいるの日です!

本日11月22日はあにまるすまいるの日と制定されています。

今回は事務局メンバーの自慢の家族を紹介します!

今後もあにまるすまいる会員の皆様の大切な家族を紹介していきますので是非チェックしてみてくださいね!

  1. ペットのお名前
  2. 種類
  3. 年齢
  4. ペットへメッセージ

エントリーNo.1

かろたんるいきゅん

  1. カロン(Calon) ルイ(Louis)
  2. ラグドール
  3. 2歳3ヵ月
  4. こんなかわいい生き物が世の中に存在するなんて信じられない奇跡です!

元気に長生きしてね。

エントリーNo.2

-787655631410855049_IMG_1318.JPG

  1. ルーナ・ラブグッド・O
  2. スコティッシュフォールド
  3. 2歳半
  4. ルーナ王子へ。王子がいない生活は考えられません。

ママのところへきてくれてありがとう。これからも楽しく暮らそうね。

 

エントリーNo.3

らきたん

  1. ラッキー
  2. キャバリア・キングチャールズ・スパニエル
  3. 2歳半
  4. 今年の冬もたくさん出掛けようね♪

会員の皆様も是非かわいい家族を自慢してくださいね!

 

 

第1回「一般社団法人あにまるすまいる学術奨励賞」結果報告

ものいわぬ動物たちのQOL向上のために、優れた若手研究者の育成を目的として開催された「一般社団法人あにまるすまいる学術奨励賞」における、第1回の受賞者3名を選出いたしました。

《審査委員会》
審査委員長  山根 義久(公益財団法人 動物臨床医学研究所 理事長、東京農工大学 名誉教授)
審査委員   大倉 一郎 (東京工業大学 名誉教授)
伊奈川 秀和 (東洋大学 社会学部 社会福祉学科 博士(法学))

《第1回 一般社団法人あにまるすまいる 学術奨励賞 受賞者》

◆最優秀賞
<氏名>水野 拓也(みずの たくや)
<所属>山口大学 共同獣医学部
<職位>教授
<研究テーマ>
犬の悪性腫瘍に対する新規治療法の開発

◆優秀賞
<氏名>田島 一樹(たじま かずき)
<所属>北里大学 獣医学部・小動物第2内科学
<職位>助教
<研究テーマ>
レバミピドの結膜におけるTNF-α産生抑制とマクロファージ遊走の抑制効果

◆審査委員特別賞
<氏名>大崎 智弘(おおさき ともひろ)
<所属>鳥取大学農学部 共同獣医学科獣医外科
<職位>准教授
<研究テーマ>
小動物臨床における5-アミノレブリン酸の有用性

なお授賞式並びに受賞記念講演は来年に開催し、受賞者には当法人から研究助成金(最優秀賞 15万円、優秀賞 10万円、審査員特別賞 5万円)を贈呈いたします。

学術奨励賞募集スケジュール

「一般社団法人あにまるすまいる 学術奨励賞」に関しまして

募集スケジュールおよび受賞者の発表日程を変更させていただきます。

◆募集スケジュール

10月31日(水)まで延長いたします。

◆受賞者発表日

11月30日(金)に当HPにおいて発表いたします。また、同日開催の授与式にご招待させていただきます。

活動報告とプレスリリース

学術奨励賞募集案内ポスター

動物たちのQOL向上に関する優れた若手研究者の育成を目的として「あにまるすまいる学術奨励賞」を設けています。積極的なご応募をお待ちしております。

学術奨励金募集ポスター

学術奨励賞募集

あにまるすまいる学術奨励賞応募申込書